2018年6月29日金曜日
ウズマスター戦記
ウズマスター戦記 https://www.uzumax.org/2018/06/blog-post_29.html

一般サラリーマンに多いビジョン欠落症候群


ここまで過激な言い方をするつもりは無いが、やっぱり僕のような普通のサラリーマンに最も欠落しているのはビジョンなんだよなぁ。

子供の頃からそうなんだけど、僕とか普通の人ってとりあえず学校に行って勉強はしたりするけど、それをどう使うのってイメージがまるで無い

IT業界にはそういう人は凄くて多くて、


  • 最近はこんな凄いことが出来るんですよ!
  • 人工知能でこんなことが出来るんですよ!
  • クラウドにこんな注目機能がリリースされたんですよ!


みたいな知識が豊富な人は結構いて、確かにスキルも高いんだけど、決して収益には結びつかない。
オープンソースとか作るわけでもない。

ただ知っているだけという。

何の利益も生まないわけだからビジネスマンと言うより技術マニアという表現が近い。

このように、身に着けたスキルをどう使うかというビジョンが欠落したままスキル向上に行ってしまうパターンが非常に多い。

何故そうなってしまうかと言うと、とりあえずスキルを身に着けておけば、いつか何かの役に立つだろう程度の気持ちでいるからなのよ。

罠なのが、勉強するのは決してマイナスではないからね。

時間をドブに捨てているわけではなく、確実に一定の成果は出ている。
問題なのは、その「一定」ってのがどれくらいかよく分からなくて、実際のところ遊びと何も変わらんような雑学でしかないって事も多いっしょ。

勉強している中でインスピレーションが湧いてくることもあるし、寝てるよりはマシとは言えると思うけど。

要件定義無しに製造しているようなもの。
無駄ではないかもしれんが、効率的ではない。

スキルはあくまで手段であるから、目標設定と同じで、「目標⇒手段獲得」「将来の夢⇒進学」「ビジョン⇒スキル習得」でしょうよ、普通に考えて。

が、どういうわけか、将来の夢も無ければビジョンも無く、かと言って寝てるわけにもいかないから自分を誤魔化してスキル習得しているようなヤツが沢山いるんだ。

かと言って真剣に考えても碌なインスピレーションが湧かないし。

参ったね、こりゃ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

お気軽にコメント下さい。