• 2018-07-28
ウズマスター戦記
ウズマスター戦記 https://www.uzumax.org/2018/07/blog-post_28.html

アフィリエイトの近況と今後の構想

Google Adsense を始めて二日が経ちました。
結果はこちら。


ちゃんと金入るんだな!!

金入った

所感としましては、「たったこれだけ」と言うよりも0円ではないということの方が意味が大きいと考えています。

私のブログのアクセスは一日100人に満たないと見積もっていますが、それでも僅かながらの収益は上がるようです。

ブログを構築したり、記事を追加するのに何十時間も費やしているので時給で言えば小数点ですが、ゼロの壁を越えたことは大きいです。

まあ、一定金額まで到達しないと出金が出来ませんが……。
現金を手にするのは何年後になるんだろ……。

ランニングコスト計算

売上は上記のとおり。
では、このブログを維持するために、私自身の人件費を除いてどれくらいのコストが掛かっているのでしょうか?
このブログ「Blogger」は無料ですので、コストはドメイン「uzumax.org」の維持のみです。
為にムームードメインに年間1,814円を払っていますので、固定費は月間152円という計算になります。




かなり安いと思います。

ちなみにムームードメインに匹敵する有名DNS業者「お名前.com」だと年間1,280円でなので更に安くすることも可能ですが、引っ越しはしないつもりです。
何せ、10年以上もこのDNSを使い続けてるんですから。

DNSは基幹中の基幹なので、安けりゃ良いってもんじゃないんですよ。

10年以上も私のドメインを維持し続けて下さっているムームードメイン様とのお付き合いを尊重してこのまま続行です。
そういう感覚もエンジニアには必要だと思いますね。

黒字ファーストアーキテクト

ここで力を発揮しているのが、このブログ「Blogger」が無料で運営されているというところです。
もし私がBlogger以外を使うとすればはてなブログにすると思いますが、はてなブログは月額600円と少々お高め。
年間7,200円ですね。


ここで判断が入る所です。

Bloggerは、ハッキリ言って自分自身がエンジニアでなければ真価を発揮しないサービスです。
もの凄く難しい。このブログをここまで改造するのに超苦労しました。
しかし、今やSEO対策も済んでおり、意識したキーワードではちゃんと検索結果にも出てきます。
まだ始めたばかりなので目立たないですが、頑張って行けばもっと強くなっていくでしょう。
自信作のレベルまで出来上がっていると思います。

対して、自分でそういう改造が出来ない人はBloggerなんて到底無理で、年間7,200円を払ってはてなブログを使うしかありません。
年間7,200円をケチって無料コースでやってても碌なブログを構築出来なくて時間をドブに捨てるだけですから必要な経費です。

だが、私はエンジニアですので、年間7,200円の経費をBlogger + 自分の腕でカバー出来るというわけですよ。
職業柄のメリットですね。

言いたい事としましては、エンジニアである私であれば固定費という問題を極限まで圧縮することが可能なわけです。

固定費ゼロ。「黒字ファースト」という思想でサービス運営を展開していきたいです。

今後の展望

問題は今後、何をやっていくかということですね。
現時点で私は「ウズマスター戦記」と「ウズマスターの日々」の二つのブログを運営しています。

ウズマスター戦記はIT関連を中心として有益な情報を発信するという正攻法のブログですので、このまま頑張って行けば良いでしょう。
利益追求を目指すものだと思います。

ウズマスターの日々は、ただの日記ですからね!! 日記の内容がいつの間にかアフィリエイトに傾いていたら意味分からないです。
そういう内容は別のブログに書けって話でしょう。ウズマスターの日々は隅っこにコッソリ広告を貼る程度。
後は気まぐれに楽しく書くだけ。
趣味なのか仕事なのかを分かっていなければなりません。

この方針でブログを継続していたいと思います。

API構想

俗にアフィリエイターと呼ばれる人はブログを10コも20コも持って毎日たくさん書き連ねているそうですね。

一体何を書いているのでしょう?(;´・ω・`)

私は「ウズマスター戦記」だけでネタを出し尽くしていて、これ以上のブログ拡大はありえません。
5ちゃんねるやTwitterを巡回すればネタを探せるのかも知れませんが、いやぁ、やる気がしねえ……。
日本一平凡なエンジニアである私では、話題性とかそういうセンスの部分では勝負出来ないと考えています。

私が考えているのは、やはり他のブロガーとは違う私自身の優位性、自分がエンジニアであるという技術力を活かすということです。

実はですね、BloggerというのはWebAPIを公開しているのですよ。


ってことは、だ。

夜間バッチでクローラを動かしてBloggerに叩き込んでやる!!

上述のとおり、Bloggerは無料ですからね。
バッチで何かしらの情報を自動的に集めて、WebAPI経由で叩き込むという機構を大量生産するという発想です。

殆どハズレでしょうが、何か一つくらい当たるかも。

固定費がゼロだからこそ、リスクを気にせず叩き込める。
これが黒字ファーストの思想なわけですよ。

問題は私がクローラの技術を持っていないということ。
これから勉強しなきゃ。(;´・ω・`)

あと、クローラ対象とするもののネタも無い。(;´・ω・`)

Lambda構想

もう一つ考えているのが、AWS Lambda。こっちが本命。

AWS Lambdaは従量課金制と言いまして、要するにアクセスが増えれば課金が発生するが、無ければタダというシロモノです。

従量課金制というのは Google Adsense と相性が良くて、アクセスが無ければ金払わなくて良いし、アクセスがあったら Google Adsense の売上もあるから金を支払える。
恐らく、黒字で行けるはずなんですよ。

心配しているのがクラウド破産と言いまして、AWSを効率悪く使ってしまうと、Google Adsense の収益以上の従量課金が発生する可能性がある。
これはマズい。
ちゃんと課金体系を理解し、最適なアーキテクトを構築出来るかどうかが試されるわけですが、そこは私の腕前次第ですよね。
ちゃんと頑張れって話です。

そこで何を作るかですが、ズバリ、私が考えているのはWikiです。

日本のWikiで有名なのはPukiWikiですが、PukiwikiはPHPで書かれているのでAWS Lambda では実行出来ない。
しかし、Wikiほど「従量課金」が合うサービスは無いですよ。
ゲームのWikiなんて発売直後はアクセス殺到して、一年後には殆どアクセス無いに決まってるんですから。

Pukiwikiを個人運営している人って毎月数千円のサーバ費を払って維持してるんでしょ?
ダメダメ。
従量課金制じゃないと安心出来ません。


AWS Lambda に対応した、Pukiwikiにそっくりの違うWiki「UzuWiki」 を構築する!!


これが私の構想です。

ちなみにPukiwikiはオープンソースなので、UzuWikiもGitHubに公開したいと思います。

これで世の中の皆さんも使えて、私はUzuWiki開発者としての名声を手に入れるわけですよ。
Wikiって開発は出来ても運営が出来るとは限らない気がするので、ケチケチせずにオープンソースにするのが吉と判断しました。

完成したら皆さん使って下さい。
頑張って開発したいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

お気軽にコメント下さい。